美容整形
アフィリエイト:副業 :住宅ローン :任意売却 :倒産

アドセンスの禁止事項

ここでは、「アドセンスの禁止事項」 に関する記事を紹介しています。
はじめまして。ねっとで副収入50万を企んでいるchararinです。

このブログでは、ネット初心者の私が、副収入で稼いで行く過程、またその方法を紹介していきます。

ポイントサイト、アフィリエイト、メルマガ、アドセンス等、世の中にはたくさんのネット副業があります。

こんな世の中ですから、皆さん興味あると思います。

私がどんどん実践していきますので、稼げると確信したものなどを紹介していきたいと思います。



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



☆応援お願いします☆
人気ブログランキングへ
アドセンスの禁止事項

グーグルアドセンスには様々な制限事項があり、それもかなり厳しめです。

それらの禁止事項を守らないと通常は警告→アカウント停止(ID削除)処分、
となるのですが、警告なしのアカウント停止もあるらしいので十分注意してください。

アカウントが停止されると、それまで貯めた報酬も全部なくなります。

グーグルの監視は厳しいです。
「自分のサイトは平気だろう」と油断してはいけません。
アドセンスで月~百万稼いでいた人でも削除されているようです。


それではどのようなことが禁止されているのか?
下記におちいりやすい代表的なものを載せます。


競合する広告との併用禁止

グーグルアドセンスのポリシーでは、競合するような広告、もしくはサービスが含まれるものを、ページの上で併用する事を禁止しています。

どんなものかというと、
よくあるのがアドセンスのような内容に合わせて広告が表示されるタイプのコンテンツ連動型広告です。

また、 Google の検索サービスを利用する場合には Google以外の検索サービスとクエリーターゲット広告を同一のサイトに含むことはできません。

尚、提携広告(アフィリエイトプログラム)やテキストリンク型広告は問題ありません。



不正クリック

当たりまえですが、自分でクリックしちゃダメです。
すぐにアカウント停止になります。
また、知り合いに頼んでもダメです。
グーグルはIPアドレスを管理しているので、同じIPから何度もクリックすると直ぐにバレます。


クリック誘導

クリックを要求したり誘導してはダメです。
記事の間に挟み込んだりコンテンツの一部のようにアドセンスを表示させたりです。

また、広告を張る際にはアドセンスの上に「スポンサードリンク」、もしくは「広告」、とラベルを表示しなければなりません。しかし、「広告」ではクリック率が低下するので、「スポンサードリンク」の方が良いと思います。


HTML編集の禁止
アドセンスの生成されたスクリプトを編集してはいけません。
アドセンスは自分で表示させたい位置に貼り付けましょう。


記事数0のカテゴリは要注意
記事数0のカテゴリーをクリックしたときにアドセンス広告が表示されると、記事がないためサイトのためコンテンツ不足と判断される恐れがあります。 注意しましょう。


サイトの内容
内容が不適切。
例えばアダルト、ギャンブル、誹謗中傷、麻薬など「非道徳的なジャンル」のサイトにアドセンス広告を貼り付けてはいけません。


以上が代表的な制約です。

他にも細かい制約はありますので、Googleの利用規約とプログラムポリシーをきちんと読みましょう。

思っているよりもグーグルは厳しいんです。


次へ





☆応援お願いします☆
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。