美容整形
アフィリエイト:副業 :住宅ローン :任意売却 :倒産

架空請求系の詐欺

ここでは、「架空請求系の詐欺」 に関する記事を紹介しています。
はじめまして。ねっとで副収入50万を企んでいるchararinです。

このブログでは、ネット初心者の私が、副収入で稼いで行く過程、またその方法を紹介していきます。

ポイントサイト、アフィリエイト、メルマガ、アドセンス等、世の中にはたくさんのネット副業があります。

こんな世の中ですから、皆さん興味あると思います。

私がどんどん実践していきますので、稼げると確信したものなどを紹介していきたいと思います。



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



☆応援お願いします☆
人気ブログランキングへ
架空請求などの詐欺とは・・・


ワンクリック詐欺&ツークリック詐欺

ワンクリック詐欺が一時期流行りましたが、最近では進化したツークリック詐欺が主流のようです。
被害が多いのはやはり携帯電話のようです。パソコンだと見やすいですし。

手口はとしては、広告メールのURL、アダルトサイト、無料と書いている着メロ、
待ち受け画像等をクリックしたりすると、「ご登録ありがとうございます」と表示され、
・IPアドレス
・接続プロバイダー名
・パソコン個有識別番号
・使用しているパソコン
・ブラウザ 
などが表示され、金額請求のメールが届くといったものです。

しかし、ここであわててはいけません。
まず個人情報は相手に届いてないはずです。
ほぼ相手のはったりなので、基本的に無視しましょう。
間違っても相手業者とコンタクトはとっちゃだめです。

また、入会する意思がなくクリックしただけでは契約は成立していませんので。
念のためそのページの控えをとり、心配なかたは消費生活センターにご相談を・・・。


以上がワンクリック詐欺の典型ですが、

ワンクリック詐欺が無効であることを多くの人が分かってきたため、
詐欺会社が考え出した新たな詐欺がツークリック詐欺です。

ワンクリック詐欺が無効な主な理由として、電子契約法によって、
業者は消費者が申し込みを行なう前に申し込み内容などを確認する措置を講じる必要がある、
となっています。

ようするに、操作ミスなどの場合もありえるので、
契約内容を確認・訂正する機会を与え、そこでも同意した場合に契約が成立するということです。

よくある手口がサイト内のどこかをクリックし、そのあとに年齢認証などが現れ、
そこをクリックすると、上記のような請求がくるといったパターンです。

しかし、上のような例で2回目のクリックをしたからといって契約になることはありません。

ただし、2回目に「契約内容の確認」などの画面になり、
「ハイ」をクリックするとなかなか難しいことになるので、
その際は無視するより生活消費センターへ連絡したほうが良いと思います。



架空請求詐欺

これはほんとに多いですよね。
私の身の回りにも、何軒か請求のはがきや電話がきました。

しかし、これらも基本は無視です。
記載してる業者や機関を調べればわかります。

同じく、間違っても記載してる電話などに連絡を取ってはいけません。
面倒くさくなります。

これも気になる方は、生活センターに相談してください。


ただし、注意点があります。

最近の非常に悪質な手口なのですが、
この「無視する」という対処法を逆手にとって、
本当に裁判で手続きを進められている可能性があるんです。

これらは、架空の請求を裁判所に申し出て、支払督促や少額訴訟を起こされるのですが、
この通知を無視すると相手の言い分を認めたこととなり、
強制執行などの被害を受ける可能性があります。

もちろん架空請求なので、本人が裁判に出頭すれば100%勝ちます。

対処法としては、通知の裁判所の連絡先はウソの可能性もあるので、
インターネットや電話帳、または消費生活センターで確認しましょう。



嫌な世の中ですね。

みなさん気をつけましょう。



☆応援お願いします☆
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。