FC2ブログ
美容整形
アフィリエイト:副業 :住宅ローン :任意売却 :倒産

住宅瑕疵担保履行法とは

ここでは、「住宅瑕疵担保履行法とは」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



☆応援お願いします☆
人気ブログランキングへ
住宅瑕疵担保履行法が本日10/1より前面施行されました。

不動産業界からは悪法だと騒がれていましたが、
消費者からすれば良い法律だと思います。

新築住宅に欠陥があった場合、
売主などが倒産した場合でも、
保険金、供託金で瑕疵を補修するために必要な費用を、
2,000万円まで受け取ることができる仕組みなんです。

新築住宅を引き渡す建設業者や宅地建物取引業者に対し、
専門保険に加入するか、
法務局に保証金を供託するよう義務付けられ、
罰則もあります。

まぁ、ちょっと前に起きた耐震偽装の影響ですね。

しかし、中小の工務店、建売業者にとっては死活問題なんです。

まず供託金は無理です。
最大2,000万も供託しなくてはならず、まず不可能です。

なので基本は保険になります。
これは掛け捨てで、約80,000円。
還元率はなんと30%以下。
ちなみに競馬は70%です。
その市場は400~500億になるといわれています。

金のにおいがぷんぷんしますね。
どーせ第三セクターや天下りにつかわれるんでしょうね。

とまぁ、こんな感じの法律です。


消費者には良い、
業者はきつい、
そして誰かが莫大に儲かる。

まぁ、新法なんてそんなもんですがね。


てか、この法律の認知度がえらい低いので、
しばらくトラブルが続くでしょう。

不動産屋の2割くらいは知りませんから。


不動産業界はますます大変になるでしょう。
大手のみが生き残る。
中小は死んでいく。

では。



☆応援お願いします☆
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://buddha108.blog65.fc2.com/tb.php/177-0eee2499
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。